娘婿と息子嫁

先日のことですが、娘が旦那と一緒に帰って来ました。娘夫婦の家は、車で約1時間離れた場所にあります。娘は時折顔を見せに来ますが、娘婿は仕事が忙しいようで、なかなか顔を見ることが出来ません。
さて、久し振りに娘夫婦の顔を見た私は、嬉しさの余り「近くのお好み焼き屋でも行くか」と誘いを入れ、私、息子の嫁と3歳になる子供、娘夫婦の5人で出向く事となりました。

店に入り、席に付くとまず飲み物からの注文です。私と婿は生ビール、娘と嫁はウーロン茶、孫はカルピスで、さあ宴の始まりです。乾杯の後は、個々に好きな料理を注文し始めました。刺身の盛り合わせ、焼き鳥の盛り合わせ、えびマヨ、モツの煮込み、その他色々・・、ビックリするほどに注文が後を絶ちません。

それもそのはず、婿は身長175cm体重100kgを越える巨漢で、職業を間違えたのではないかと思える程の立派な体格の持ち主です。しかし、いつもニコニコ笑顔で気が優しい婿ですから、その大食いも見ていて気持ちが良い物です。
満腹感もそろそろと思ったその時、なんと、「しめに、広島風お好み焼きミックスで!」と言う婿に目が点になりました。

娘婿というものは、実の息子と違う可愛さがあるもので、何とも説明がし難い存在なのです。これと同様に、息子嫁も実の娘と違う可愛さがあります。旦那を見る娘の笑顔と、いつも実の親のように接してくれる嫁を見ると、なんとも幸せな父親だなと実感するひと時でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です